• ヴィレッジ宇都宮

「○○と筋肉」シリーズ第4弾!

こんばんは。

VILLAGE UTSUNOMIYAです。


今夜もVILLAGE通信を配信いたします。



筋肉をつける上で有効な働きを

してくれる栄養素を含んだ食材を

紹介する「〇〇と筋肉」シリーズ!


本日は第4弾です!



ーーーーーーーーーーーーーーー

筋肉フードといえば、、○○○

ーーーーーーーーーーーーーーー


今回ご紹介する食材は、


「筋肉」を育てる食材の

イメージNo.1とも言える、


・・・


そう!

牛赤身肉です!









まずは、牛赤身肉の

栄養素について

改めて見てみましょう。


●牛赤身肉の栄養●

・タンパク質

・セレン

・亜鉛

・チアミン

・リボフラビン

・ナイアシン

・パントテン酸

・ビタミンB6

・ビタミンB12



牛肉100gあたり、

タンパク質は【26g!】

も含まれています!


美味しいうえに、

栄養成分も最強です!ww



ーーーーーーーーーーーーーー

牛赤身肉が筋肉に良い理由

ーーーーーーーーーーーーーー


( 1 )鶏肉に匹敵する高タンパク


(2)体内で生成できない

必須アミノ酸9種類全てを含んでいる

(※必須アミノ酸=バリン、ロイシン、イソロイシンetc..)


(3)テストステロンの分泌に役立つ

(※テストステロン=男性ホルモン

筋肉肥大に効果的です!)



このように、筋肉を構成するために

必要な栄養素がかなりたくさん

含まれているんですね。



ただし、牛赤身肉を食べるうえでは、

以下の注意点があります。


(1)脂肪含有量が多いため、大量摂取はNG!


(2)黒毛和牛より、ヒレ肉!(3)牧草を食べて育った牛より

穀物を食べて育った牛のほうが

カロリーや脂肪が多い!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうは言っても、赤身肉って気軽に摂れない。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、牛赤身肉の最大のネックは、


「ステーキを毎日食べるとなるとコストが・・・」


ということ。



けれど、そんな時にとっても優れた

味方があります!



それは、、、『ビーフジャーキー』!



ビーフジャーキーは100gで

摂取カロリー約300g

タンパク質が約54g、脂質約8g。



高タンパクで低カロリーで

筋肉には強い味方なのです。


間食を食べる時、

タンパク質摂取のための

食品を考えた時に、

手軽で場所を選ばない、

最強食品です!


ぜひ、取り入れてみてくださいね!



では、本日のVILLAGE通信は

この辺りで。


最近は宇都宮にも

「いきなりステーキ」さんなど

手軽にステーキを食せる場所が

増えてきました!


おススメ部位は脂身が少なく

高タンパクのヒレです!


是非トレーニング後は

赤身肉をガッツリ食べて頂き

筋肉増量を目指しましょう!



それでは、またVILLAGEで

お会いできますことを

楽しみにしております!

栃木県宇都宮市のパーソナルトレーニングならVILLAGEへ。
ベストボディ・ジャパン日本大会の審査員を務め、世界的アスリートから一般のトレーニーまで45万人以上を指導してきた

プロスポーツドクター池田充宏監修。パーソナルジムの枠を超えた多彩なプログラムと徹底サポートで、

一生モノの身体を6ヶ月で手に入れることができます。

パーソナルトレーニングジムへ通おうと考えている方は、ぜひVILLAGEをご利用ください。

Copyright © 2020  VILLAGE Utsunomiya. All rights reserved.

  • Facebook
  • Instagram